da Domenico in 香港

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
ご無沙汰しています。ここ数ヶ月移動が多く本当に忙しい日々で、心身共に疲れてしまい中々ブログを更新出来ずにいました。最近やっと香港に戻り、気持ちも落ち着きましたので今日からブログも更新して行きますね。久しぶりのブログはやはり茶屋子が愛する地ここ香港のレストランをご紹介したいと思います。


Rosewood in プーケット

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
最近滞在して深く印象に残った海外のホテルがプーケットにあるRosewood。こちらの中国系資本のホテルブランドRosewoodは大変素晴らしいホテルだとアメリカ人の友人からも聞いていましたが、イマイチピンとこないでいた茶屋子。今回プーケットでのRosewood滞在でその素晴らしいさを直に経験し、今ではRosewoodの名前を口にすると、甘やかな気持ちになるほど、かのホテルに恋しています。


エクシブ鳥羽別邸

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
外国からお客様がいらした時に大阪の素晴らしいところは、京都と神戸の真ん中に位置し、他の県に気軽に旅に出れるところなのでは。日本の歴史を感じるなら京都や奈良に訪れるのも素敵ですし、美味しいお魚をいただきに瀬戸内に訪れるのも楽しい。今回海外からお客様がいらした時は、ちょうど桜が美しい頃でしたので平成最後に伊勢神宮参拝も兼ねて鳥羽別邸に訪れました。


肉料理まつむら in 鳥羽

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
今まで沢山のレストランを紹介してきた茶屋子ですが、一度も紹介した事がないお料理がすき焼。関西圏で育った茶屋子は、すき焼は家で頂くイメージが強く外で頂く機会がありませんでした。初めてレストランで頂くすき焼は、実は香港だったりする茶屋子です。外で頂くすき焼はお砂糖の味付けがお上品で、家で頂くのとやはり違います。また近いうちに香港でのお気に入りのすき焼屋さんをご紹介しますね。


レストランのテラス in 香港

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
最近遅まきながら気がついたんですが、香港のレストランってテラスがある所が多いような。大阪では、あまりテラス席があるレストランって少ない気がしますが、香港では結構テラス席のスペースを多く取ってあるんです。天気が良い時はいいんですが、結構雨の日も多く、中国本土からの大気汚染も酷いですが、皆さん外で飲んだりするのが大好き。


Champagne Branch in ソウル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
週末のシャンパンブランチは、香港ではどのレストランでも楽しめますが、日本や韓国ではまだまだお見かけしないのが残念なところ。せいぜいブランチにグラス一杯のシャンパンが付いてくるぐらいのイメージです。週末ぐらいは、景気良くフリーフローに、好きなだけお酒を楽しみたいと思うのは茶屋子とその周りの人達だけなのでしょうか......。


香港のペルー料理

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
今、香港は空前のペルー料理ブーム。流行の始まりは日本食とペルー料理のフュージョンが楽しめるTokyoLimaからだと思いますが、今では飲茶とペルー料理のお店や、純粋にペルー料理だけを頂けるレストランが色々オープンしています。


L'ARCHESTE in パリ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
お友達の方のご紹介で、初めてこちらのレストランに訪れたのが2016年の頃でした。まだオープンしたばかりのレストランは、全てが真新しい印象を受けましたが、あっという間にミシュランの星をゲットする事に。史上最速での星獲得だそう!素晴らしいですね。


セーヌ川クルーズ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
古今東西、歴史ある大都市は川の側にあります。京都には鴨川、ローマならテヴェレ川。ロンドンならテムズ川。水量豊かな川でしたら、クルーズが楽しめる事も。学生の頃に、お友達と皆でボートを借りてテムズ川ナイトクルーズパーティーをした事は今では良き思い出に。


AU BASCOU in パリ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
フレンチはファインダイニングのフレンチではなく、ビストロで頂けるバター少なめのフレンチの方が好みですが、パリに訪れるとせっかくの機会なのでミシュランの☆付きのレストランの方ばかりになるなか、今回は珍しくカジュアルなビストロフレンチに訪れる機会がありました。