浪花割烹 㐂川

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
浪花の良き風情を感じたくなったら、法善寺横丁を歩いてみてください。道幅の狭い長く続く小道の両脇には、老舗の割烹やバー、お好み焼き、串カツ店などの大阪を代表する食の数々が軒を連ねていてちょっとした美食道。


2017.JPG


夜に風情ある法善寺横丁の石畳を歩くと、小説「夫婦善哉」の主人公の柳吉が目の前を歩いていそう。ですが、今宵の茶屋子の目的は色男柳吉さんとのひと時の恋ではなく、 浪花割烹を楽しめる㐂川さんのお店でのひと時の美食。


IMG_4950.JPG


昭和の時から、お店はこちらの法善寺横丁に。


2017.JPG


2017.JPG


1階はカウンター席。
個室は、2階3階に。時を重ねたお店は、風情があり素敵です。
㐂川さんのお店ではアラカルトのお料理も楽しめますが、今宵はコースのお料理を。


2017.JPG


バターナッツのすりおろし。


IMG_4962.JPG


とうもろこしと白ごま豆腐の一品。うえは鮎。


2017.JPG


海老とこんにゃくとパプリカの和え物。


IMG_4966.JPG


八寸。


2017.JPG


一皿目のお造り。
タコ、石垣鯛、イシカゲ貝にトロ。


2017.JPG


二皿目のお造りは金目鯛にのど黒、鰹に、火を通した伝助穴子。


2017.JPG


すっぽん。
生姜が効いて美味しい。


IMG_5003.JPG


淀川の鰻 ほやを合わせて。


IMG_5007.JPG


鱧と毛蟹の 枝豆のソース。


IMG_5014.JPG


鮑 中華風ソース。


IMG_7422.JPG


お魚、鴨、牛肉から選べます。
皆で全てを選択。


IMG_5039.JPG


御飯。


2017.jpg


御飯の代わりにカレーライスでも。
こちらは特大サイズをリクエスト。


IMG_7423.JPG


お料理と共に頂いたお酒達。


2017.JPG


煎茶とのし梅 。


大阪には、全ての食材を隅々まで最適の調理法で料理して提供する"始末の料理"の精神が昔からありますが、その全ては出汁があってこそ可能なのだと思います。㐂川さんの昆布とカツオの合わせだしを基本とした伝統的な日本料理の調理法に、ほんの少し古風なフレンチの調理法を時に加えた数々のお料理は本当に美味。大阪ならではの、浪花割烹の美食が楽しめます。


大阪らしさを感じたい時は、ぜひ法善寺横丁を歩いてみてください。そこには、まだ浪花の時が流れていて、㐂川さんで頂く食事は実に浪花らしく素晴らしい。


㐂川


大阪市中央区難波1丁目付近
06-6211-3030