玄穂の懐石 in 香港

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
茶屋子はまだ機会がありませんが、海外の日本大使館や領事館公邸の日本食は、やはり海外の方達に最高の日本の食文化を紹介するために、吉兆や有名な日本食レストランで修行された一流のシェフによる、様々なルートで取り寄せられた最高級の食材を使用した懐石を頂けるのではとよく想像しています。


実は、今日ご紹介する香港で素晴らしい懐石が楽しめるレストラン玄穗のシェフ安東さんは、香港日本領事館の専属シェフの経験があり、そのお人柄、料理のセンスと、技にこの数年来茶屋子も安東シェフの熱烈なファンのひとり。


2017.jpeg


Causeway BayのLockhart Rdにお店はあります。


2017.jpeg


2017.jpeg


カウンター6席に、テーブル席3席からなる小さな空間。
遅い時間に訪れると、アラカルトで色々楽しめますが茶屋子のお目当は安東シェフの美しい懐石のお料理の数々。いつもオーダーするのは、おまかせのコース。


2017.jpeg


蛍烏賊のカプレーゼ。


2017.jpeg


椀物は蛤潮汁。
美味しい♡


2017.jpeg


中トロ、石垣鯛、牡丹海老に飯蛸桜煮。


2017.jpeg


帆立と金目鯛 雲丹をのせて。


2017.jpeg


牡蠣。
トリフが贅沢に使用されています。


2017.jpeg


雲丹の冷製稲庭うどん。
茶屋子の大好物。


2017.jpeg


鹿児島産の和牛ステーキ。


2017.jpeg


ご飯。


2017.jpeg


デザート。
苺のアイス。


2017.jpeg


おうすとお菓子。


安東さんが作る日本食は、上品で繊細で本当に美味。海外でこんな美味しい日本食を頂けるとは、茶屋子いい時代に海外に住む事が出来、本当に幸運だと思います。20〜30年前は、このレベルの懐石は大使館クラスの厨房でないと難しかったと思います。


香港でとびっきり美味しい懐石を頂きたい時は、ぜひ安東さんがいる玄穂にいらしてみてください。素晴らしい懐石を楽しめます。


玄穂


17/F The L Square,No459-461 Lockhart Rd,Causeway Bay
28042004