L'ARCHESTE in パリ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
お友達の方のご紹介で、初めてこちらのレストランに訪れたのが2016年の頃でした。まだオープンしたばかりのレストランは、全てが真新しい印象を受けましたが、あっという間にミシュランの星をゲットする事に。史上最速での星獲得だそう!素晴らしいですね。


今回のパリ滞在中、連日のバターたっぷりのフレンチが辛くなる中、茶屋子の周りでは脱落者が出たりしましたが........茶屋子は最後まで健闘し、昼も夜もフレンチのフルコースを頂い事も。自身の胃袋の丈夫さと日本の胃薬の性能の良さに感謝しつつ最後まで頑張りましたが、さすがに身体が辛いと感じる中、伊藤良明シェフのフレンチはフランス人の作るパワフルなフレンチとは違うと以前の経験に基づいた確信のもとパリ滞在後半に再訪しました。


IMG_3789.JPG


B40.jpeg


お店は、いい意味でカジュアルで日本人にも敷居が高くない所が良いですね。


CCA.jpeg


一皿の上に美しいお料理の数々。
スペイン産ハム燻製にお米とイカスミのチップス。


410C.jpeg


なすのベニエ。


9365.jpeg


カキに菊芋ピューレと同じく菊芋チップスを共に頂きます。


4262F.jpeg


スペイン産バリスイカとフォアグラ イベリア産のお野菜 ケッパーとトリフオイルのソース。
この一皿が忘れられない美味しさでした。


696A2.jpeg


頰肉と手長海老とパルメザンチーズのリゾット。
トリフが立派。


D297.jpeg


ひめじ一本ずり ほうれん草と共に。


15AC.jpeg


樽をお皿にし、その上にドーンとお肉を乗せて各テーブルごとにお披露目してくれます。


399.jpeg


ノルマンディー牛ヒィレ肉 付け合わせに根菜と玉ねぎが添えられています。ソースは八丁味噌をアクセントにしたソース。


704.jpeg


お料理に合わせて頂いたワイン。


502B40.jpeg


柑橘のデザート。


C41E.jpeg


栗のフォンダンビスク。


68A.jpeg


プティフール。


もうもう、全てが美味しい過ぎて、普段感じる「大量のバターが!」とか「塩気が!!!」とか、そんな事は全て忘却の彼方に。高カロリーなだけの変な食で体重が増えたら一生悔やみますが、ヘヴンリーな感動をくれる食で、茶屋子の体重にダメージを与えようとも、仕方ありませんね。良いとこ取りだけなんて人生ありえない。伊藤良明シェフの作るフレンチは、ダイエッター茶屋子の毎日のダイエットを忘れさせてしまわす美味しさ。


ぜひパリに訪れたらL'ARCHESTEに訪れてみてください。素晴らしいフレンチが頂けます。


L'ARCHESTE


79 rue de la Tour 75116 Paris
+33 1 40 71 69 68