Bar&シーフードレストランinパリ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。茶屋子です。
今年初めパリに少し長く滞在していて、なかなか忙しない日々。すっかりこちらのブログもご無沙汰していました。こちらで皆さまにご紹介したい素敵な場所も沢山ありますので、今年も茶屋子ブログをよろしくお願いします。


パリでひとりで過ごす場合、昼間は美術館に訪れたりショッピングをしたりカフェで軽食を楽しむなどできますが、夜は女子ひとりでどう過ごすか悩ましいと思います。そんな時はムーランルージュなどのショウを見に行くのも素敵なパリの夜の過ごし方。茶屋子の場合お芝居やショウを見るのがイマイチ苦手で、自然と夜の過ごしかたは、ひとり酒とひとり飯になります。


日本では、食後に飲みに行く方も多いと思いますが、ヨーロッパでは食前にBarに飲みに行く方が多い。今日はそれなりに混んでいて、とびっきり素敵な場所で、女子ひとりで訪れても快適に過ごせるパリのBar&レストランをご紹介しますね。


07A413.jpeg


パリのRitz Hotel のヘミングウェイとLe MeuriceのLe Bar 288のBarが個人的にはお気に入り。ヘミングウェイのBarはホテルの最奥に位置し、そこにたどり着くまで長ーい廊下があります。


3651DB.jpeg


パリでは必ず訪れる茶屋子定番のBar。
いつ訪れても、カクテルが安定して美味しい。


24F4.jpeg


5C77.jpeg


そしてもう一つのお気に入りのBarがLe MeuriceのLe Bar 288。
こちらもゴージャスで本当に素敵な空間。


6ED.jpeg


こちらのモヒートが大好き。
軽くカクテルを頂いた後に、少しお腹も空いてきます。 
パリはシーフードが美味しいので、シーフードのレストランをオススメします。モンテーニュ大通りの裏にあるシーフードのレストラン。ご紹介したBarから徒歩で20分ほどです。


65D75.jpeg


ご紹介するMarius et Janetteはシーフード専門店のお店。


B6A.jpeg


前菜はスズキとトリフのカルパッチョ。
新鮮なシーフードをシンプルに贅沢に頂きます。


BFF3.jpeg


メインはこちらのパスタ。
調理法がフランスらしいパスタ。


99F.jpeg


プティフール。


399A.jpeg


デザートは季節のフルーツにクリームを添えたもの。
こちらのデザートのクリームがとても美味しいのでぜひオーダーしてくださいね。


パリのBarは日本と違い、バーテンーの方とお話しを楽しみながらお酒を楽しむスタイルと違い、見知らぬ隣の方と会話を楽しみながらお酒を楽しむスタイル。接客は結構あっさりしてますが、その分カクテルが美味しい。やはりパリのホスピタリティーを1番学べるのはレストラン。ひとりで訪れても、自然な感じの細やかな接客に、居心地が良くリラックスして食事を楽しめます。


ぜひパリの夜をひとりで過ごす時はこちらの場所に訪れてみてくださいね。ひとりでも快適な時間をもてます。


BAR HEMINGWAY
38, rue Cambon 75001 Paris
01 43 16 33 65


Le Bar 288
228 Rue de Rivoli, 75001 Paris
01 44 58 10 10


Marius et Janette

4 avenue George-V, Paris, 75008, France
+33 1 47 23 41 88